ピンポイントの...「トラクション」

2017.07.25 Tuesday

0

    今日の日記♪

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    できないジレンマ.....だなこりゃ。

     

     

     

     

     

    昨日は....

    たかが...「Fスプロケ1丁分落としたくらい」のことで....全然うまく乗れなかった。

    されど、「1丁」♪  うまく乗れたら....その効果は絶品級。

    うまくいった時のトラクションがもの凄かったのだ‼   ちょっとだけ...ホンマにちょっとだけだったけど♪

    だからこそ....そう思った。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ちゃんとできないジレンマ....弱い原因ってこれか⁉

     

    「あ....これか⁉」と感じた...,

    下手だからこそ....うまく乗れずに、ふだんとの違い(できていなかったとこ)がおかげでよくわかった。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    具体的に どんなとこ....?

     

    「ふだん乗り」ぶぶぶぶぶ・・・・運転の...

    「前輪後輪がずっと接地した状態」で乗ることが多い  NB底辺レベルの わたしには....

    ステア等、....  「ぶわん‼」と上がるようなことは.....なかなか出来ない。 

    できたとしても、たまたまであって   「タイミングがずれること」の方が多い。コレがもどかしい。

    前輪が浮いて 「後輪だけ」になる場合?みたいな、.....

    腕の引きやら...なんやらかんやらが.....    一瞬でたくさんのことがふつうにできないと  ダメなときだ。

     

     

     

     

     

     

    しかも.....

    タイミングが合わないと..できない

     

     

     

     

     

     

     

    昨日は、......

    その強大になった「トルクが伝わる一瞬のトラクション」は...うまくタイミングを合わせることができず.......

    ことごとく....スリップしまくった(ーー;)        トルクが強大な分、失敗したときの 「じゅりじゅり」‼が大きかった  ...( ̄▽ ̄)。

    ふだん乗りが...けっこう「曖昧」なのかもよくわかったし、曖昧だからこそ....ステアができる時もあれば、できない時があるんだろう。  ほんと「あいまい」で.....「だいたい」...すぎる。

    できる人の「だいたい」と、できない人の「だいたい」は   結果的には言うまでもない....。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    もっと掘り下げて.....

     

    よい「イメージ動画」なんかを    スローで観たならば....

    リアフェンダーとリアタイヤがくっつくくらいにサスも縮んで....

    リアタイヤが....ぐにゃっと押しつぶされた状態の....トラクションが「ググっ‼」っと一気にかかって‼....クラッチミート‼....

    ぶわん‼....とステアにリアタイヤが当たり負けしないくらいの強さで...「ぼん」‼っと当たっていく。

     

     

     

     

    わたしの場合は、....

    「リアタイヤが浮くくらいのときに」クラッチミートしているようだった。

    からだがよく遅れるので、遅れないようにしようとするとこうなる。

    トラクションがかかっていい感じにうまくグリップしたときは、....逆にからだが遅れて....バンザイ投げになる。

    上がれないときは、トラクションが弱くなったうえに、アクセルも弱い、身体も遅れている、....上がれなくなって当然だ。

    できても....「たまたま」うまくいっただけで、自分でわかって調整できているわけじゃない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    セクションじゃ....

    岩の形状が変わったり、入る角度が変わったり、距離が変わったり.....

    と.....いろんな場面にでくわす。

    その度に調整できないわたしは...「うっ」となる。

    ターンではそんな「うっ」ってならないし、なによりターンなら...「イメージが湧く」。

    ステアは.....イメージが湧かないから....上がってからすぐテープがあるセクションには惑わされるし、ヤラレやすい。

    コントロールできないから、意識するとアクセルが弱すぎて上がれなかったりする。....「とにかく5点に ならないように上がってまえ〜♪」だと...テープに突っ込んで...5点になる。   結局  一緒か...(ーー;)

    底辺ならではの....「弱みそのまま」だ。

     

     

     

     

     

     

     

    いいかげん....

    そろそろちゃんとつかみたい。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ここを、

    「亀岡リベンジ」までに克服したい.......そう思っているようだ。

    ここで 結果を出さない限り、自分で納得いかないようだ。

     

     

     

    次は「加古川TR」じゃないの? 

    照準は....     そうじゃないみたいだ...  自分的には。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    PS

    どなたか...

    わたしと同じようなステア苦手病の悩みから...こんな練習したらずいぶんわかるようになったよっ♪ って方...

    おられたら...是非是非!アドバイス下さいっ<(_ _)> おねがいします

    何でもやってみます。